BLOGブログ
カテゴリー:
Story
2019.01.22
Story -キャトルセゾンにまつわる数々の物語- Vol.6

Story Vol.6

 

 

-素敵な結婚式とは何か-

 

 

「実は私たち、別の式場で一度結婚式の準備を始めたことがあるんです」

 

お打ち合わせが進み、当日の進行のお話をさせていただいていた頃

ご新郎様がおもむろに口を開いてくださいました。

 

入籍して1年半後にキャトルセゾン浜松を訪れてくださった新郎新婦様。

ウエディングプランナーは少し腑に落ちたように

そうだったんですね…と返しました。

 

「とてもいい式場で、担当してくれたスタッフさんもいい人で、

でもどこか型にはめられていくようで、

僕たちが本当にやりたかった結婚式ってこれだったのかな

って悩み始めてしまって」

 

「今まで私たち、あまり喧嘩をしたことなかったんですけど

少しだけ喧嘩もするようになってしまって…」

 

それでせっかく準備を始めていたのに

途中であきらめてしまったんです、と少し寂しそうに

おふたりはお話しくださいました。

 

それでも絶対にいつか結婚式をしたい、

理想の会場なんてあるかわからないけどもう一度、、、

リサーチを続けながら1年が過ぎてしまった。

 

そんな時、料理がこだわりの新しい結婚式場ができると知って

ようやくもう一度結婚式に向き合ってみようかなと思えたんです。

そうおっしゃるおふたりの顔はもう晴れやかな表情でした。

 

「見学の時に感じたスタッフの皆さんの提案力。

そして今日ご提案いただいた内容、全てがしっくり来て

“僕たちがやりたかった結婚式はこれだ”って思えました。」

 

「××さん、

私たちのウエディングプランナーとして

当日までよろしくお願いします!」

 

にっこりと笑いかけてくださるおふたりに

ウエディングプランナーは深く、強く、頷きました。

 


 

日本の結婚式、

それはほとんどの流れが決まっている

登場人物が変わっていくだけの毎回同じものだった

と言っても過言ではありません。

 

結婚の形が変わっていく中、

さまざまな結婚式のスタイルを求められるお客様が増えている中でも

その文化はどこか根深くブライダルという業界に残っています。

 

「あれをやってみたい!」

「これってできますか?」

そんなお客様からの問い合わせに対して

前例があるかないかでジャッジをする会場や

『なぜそれをやりたいのか?』を問わずにうのみにする会場も

今の日本にはまだまだ多いことと思います。

 

ですが私たちは、

「新郎新婦様が本当に伝えたいことはなんだろう」

「この演出をやりたいというご希望があるのはなぜだろう」

と一つ一つのことに疑問を持ち

一組一組しっかりとカウンセリングをさせていただいております。

 

それは、たとえ最終的に一般的と言われる流れの結婚式になったとしても

なぜその進行になったのかは一組ずつ違う思いが込められているからだと考えているからです。

 

 

「テーブルクルーズフォト」という演出をご存知でしょうか?

各テーブルを回りながらゲストの皆様とお写真を撮っていく

定番と言えば定番の演出です。

 

ですが、そのテーブルラウンド、テーブルフォトを一つとっても

・お客様1人ずつとお話をされたいのか

・ゲスト全員と漏れなくお写真を残されたいのか

・足のお悪いおばあさまのお席の近くまで行ってあげたいからなのか

・小さいお子様ゲストが多いから飽きないようにプレゼントを渡したいのか

たくさんの想いが想像されます。

 

 

それを叶えるために、

料理のスピードを遅くしてゆっくり話せるようにしよう

きっかけになるように何かお写真のアイテムを取り入れよう

おばあ様のテーブルに伺ったときに花束のプレゼントをするのはどうだろう

お子様ゲストへのプレゼントはあらかじめ席にお付けした方が喜ばれるかも

とウエディングプランナーはプロの目線で

考えうる限りのアイディアをおふたりにお伝えします。

 

 

それは、おふたりのご希望をうのみにすることが

本当の意味でおふたりの為にならない場合もある

ということを知っているからです。

 

「ガーデンがあるからバルーンリリースをしたい!」

「景色がきれいだから、それを背景に集合写真を撮りたい!」

それももちろんとっても素敵です。

 

でも、、、

それは本当におふたりの結婚式に必要なものだったのでしょうか。

 

「あるから、やってみたい」ではなく

「“想いが”あるから、これをやってみたい」そんな

想いにあふれる結婚式の方が

おふたりの本当に伝えたかったことがゲストに伝わる、

そう思われませんか?

 

『感謝が伝わる結婚式にしたい』

『おもてなしが伝わる結婚式にしたい』

そんなおふたりの想いの中心にあるところを

ぜひ私たちに教えてください。

経験豊富なウエディングプランナーが

きっとおふたりの良き相談相手になるはずです。

 

 

新年のスタートにふさわしい豪華ブライダルフェアでは

贅沢な試食と共に「結婚式」について考える大切な時間が過ごせます!

ぜひ一度お問い合わせください。

フェアや試食会に参加

さまざまなフェア・イベントをご用意しています

気軽に会場見学したい

実際に会場が見たい、フェアへの参加が難しい方

お電話でのご予約・お問い合わせも承っております。